Now Loading...

中医研

中医研薬局

薬局通信

~生活に役立つヒント~

烏龍茶 + はとむぎ

じめじめと蒸し暑い日が続きますね。
今回は蒸し暑い時季におすすめ、「烏龍茶」と「はとむぎ」の薬膳茶をご紹介します。

夏バテ

「烏龍茶」は、油っこいものを食べた後によく飲まれているお茶ですが、「体の熱を冷ます」といわれています。
「はとむぎ」は、その種皮を除いた種子を「ヨクイニン」として漢方で使用しています。体の余分な水分を排出する働きや清熱作用があります。
この2つをやかんにいれて、好みの濃さに煮だしてください。
召し上がる際は、氷や冷蔵庫で冷えた状態だと、かえって胃腸を冷やして疲労させてしまうため、常温または温かい状態でいただくのが良いでしょう。

ほうじ茶

梅雨から本格的な夏に、しっかりと水分補給して、夏バテや熱中症に気を付けて過ごしましょう。

尚、当薬局では、そのまま食べても美味しい「皮去り焙じはとむぎ」を取り扱っています。
お茶やサラダなどのトッピング、お米と一緒に炊いても美味しく召し上がれます。
100g単位でお買い求めいただけますので、この機会にぜひ試しください。

皮去り焙じはとむぎ(100g):300円(2020年7月現在)

☆お役立ち情報
中医研薬局掲示板に、鍼灸師(中医研鍼灸院)によるツボ解説を掲示しています。
現在は「烏龍茶・はとむぎと共に合わせて使いたいツボ」です。
お役立ち情報満載です♪
お気軽にお立ち寄りください。

ページのトップへ戻る